RSS|archives|admin

--.--.-- --
はてなブックマーク はてなブックマーク -  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

キーボードでパソコン操作(ショートカット応用)

2009.11.30 Mon
はてなブックマーク はてなブックマーク - キーボードでパソコン操作(ショートカット応用) 
A long time ago in a galaxy far,far away...

ショートカットキーって、使ってますか?
 ・コピー = [Ctrl]+[C]
 ・切り取り = [Ctrl]+[X]
 ・貼り付け = [Ctrl]+[V]    などなどいろいろあります。
いったん覚えてしまうと、いちいちマウスを使うよりも簡単で早いです。

ただ、ショートカットキーは準備されているものしか使えません。
ある程度スピードが求められる仕事では効率は悪いままです。


そこで、
メニューバーやメニュー内を見ると機能名の横に、
括弧つきのアルファベットが記載されていると思います。
このアルファベットを使用します。

例えば、MicrosoftExcelで印刷プレビューしたい場合
印刷プレビューは「ファイル(F)」内の「印刷プレビュー(V)」を開くので
 [Alt]→[F]→[V]
と順番にキーを押すだけです。

例えば、MicrosoftWordで表を挿入したい場合
並べて表示は「罫線(A」内の「挿入(I)」内の「表(T)」を開くので
 [Alt]→[A]→[I]→[T]
と順番にキーを押すだけです。

Altキーは同時に押す必要はありません。
文章を入力する感じで操作ができます。
これで、ほとんどの機能をキーボードで呼び出すことができます。


ただ、これだと何でもできてしまうため、逆に覚えるのが大変になってしまいます。
そこで、よく使う機能に優先順位をつけ覚える順番を決めると良いでしょう。
絶対使う機能を2~3つ決めてリストを作る。
●印刷プレビュー = FV
●表の挿入 = AIT
といった感じで覚えるか、メモをする。
体で覚えることができたら、次に優先順位が高いものを2~3つ覚える
といった感じで覚えていくと良いともいます。
最初は大変ですが、覚えてしまうとマウスを使うことがめんどうになります。


唯一のデメリットは
機能の位置をキーボードで覚えてしまい
マウスで開くとき、どこにあるか忘れてしまう場合があるので気をつけてください。
いざ人に教えるときに戸惑います。



以上の機能以外にも[Ctrl][Alt][Tab][矢印キー]を駆使すると
マウスが必要なくなります。

以前に働いていた会社でこれを極めた人がいました。
キーボード上では、文章を入力しているように手が動いているのですが
画面上では、いろんなメニューが一瞬出て、一瞬で消えるのです。
すごい違和感と驚きを感じました。

いろんな場面で使えるし、いざとなった場合でも使えるので
覚えて置いて損は無いと思います。

May the Force be with you






Theme:Windows 全般 | Genre:コンピュータ |
Category:Windows | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

キーボードでパソコン操作(ファイル検索)

2009.11.09 Mon
はてなブックマーク はてなブックマーク - キーボードでパソコン操作(ファイル検索) 
A long time ago in a galaxy far,far away...

仕事でも、プライベートでも
ひとつのフォルダに、100個も200個もファイルが入っているときに
どうやって 探しています?

まぁ素直にエクスプローラーで検索してもいいんでしょうが、
わざわざ そこまでしたくないし

スクロールバーやマウスのスクロールだと
目的のファイルまで、行き過ぎたり、戻りすぎたり
そもそも、早すぎてよくわからなくなってしまったり・・・

 そこで、ちょっとした小技です。

探したいファイル名の頭文字の
キーボードのキーを押すことでファイルに移動できます。


例えば、「abc001.txt」というファイルを探したい場合
キーボードの「A」キーを押すと、そのファイルに移動してくれます。

なので、一番後ろにあるファイルでも
キーボードの「Z」キーを押すと、「z*******.txt」一瞬で飛ぶことができます。


次にこれを応用します。

たとえば 「a001.txt」「a002.txt」「a003.txt」・・・・とファイルがあったとします。
上記で説明したとおり、キーボードの「A」キーを押すと 「a001.txt」に移動します。
もう一度 「A」キーを押すと次の 「a002.txt」に
さらにもう一度 「A」キーを押すと次の 「a003.txt」に移動してくれます。
キーを押すたびに移動しくれます。最後まで行くと先頭にもどりループしてくれます。


さらに、応用できます。

たとえば「ab001.txt」・・・「ac101.txt」・・・「ac201.txt」
頭文字は「A」ですが、ファイル数が多すぎて、これでは上記の機能は使えません。

今回は、キーボードの入力を「A」「C」と続けてキーを入力すると
「ab001.txt」を追い越して、「ac101.txt」に移動してくれます。

さらに、キーボードの入力を「A」「C」「2」と続けてキーを入力すると
「ab002.txt」と「ab101.txt」を追い越して、「ac201.txt」に移動してくれます。


ワンクリックかツークリックと簡単なのに、かなり効率が良いです。


最後に注意事項です。
ファイル名が英数字のみ限定です。

May the Force be with you






Theme:Windows 全般 | Genre:コンピュータ |
Category:Windows | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。