FC2ブログ

RSS|archives|admin

インターネットの楽しみ方は?

2007.07.24 Tue
はてなブックマーク はてなブックマーク - インターネットの楽しみ方は? 
A long time ago in a galaxy far, far away...

パソコン未経験・インターネット未経験の人は、まだまだ多い
しかし、興味は持っている。
でも手を出さない。

ホームページ・チャット・掲示板・最新ニュース・各種ニュースから
SNS(mixiなど)・セカンドライフ・YouTube・Web2.0の各種技術まで
いろいろ楽しみはあるのにね!!!


どうしてだろうか???


その理由は、「何でもOK。」「何でも出来るから。」
もちろん、これだけではないだろうが、
自分は、確信を付いていると思っている。

「パソコンって何でも出来て楽しい」
「インターネットって何でもあるから楽しい」
これって正解だと思うけど
正直、ピンとこない。つかみきれない現実的な説明じゃないからだ。
未経験の人にとって、この発言は
「だから、なんなの?」と言いたくなるようだ。

今までは
家電でも、ファッションでも、雑誌でも、
ある程度まとまっていて、機能が単純だったりしたものだ。
テレビは、流がれているものを選んで見ればよい。
ビデオは、見たい番組を録画して、好きな時間に見る。




自分ならどう説明するかというと
まず、何が好きかをたずねます。
音楽、映画、ゲーム、アイドル、旅行、占い・・・
何でもいいから、とりあえずひとつ漠然でもいいから選んでもらう。
選んだものを、とりあえず、Yahooなどで検索
まずは、これだけで楽しんでもらう。
ある程度見かたがわかったら、
次にその選んだテーマの何が知りたいか考えてもらい、さらに検索
さらにその中から何を知りたいかを考えてもらい、さらに検索

大分類>中分類>小分類 と順に、ゆっくりでかまわないから
考え選んでもらいます。
ひとつのことが出来たら、別の大分類を・・・
応用としては、各分類でも枝分かれしていくと思うので
その枝分かれをひとつずつ選んで進んでいくってことでいいのかなと思っています。

その上で掲示板でも、SNS・セカンドライフ・YouTubeなどなどが選択肢に入ってくるはず

さらに付け加える、応用として
・雑誌やテレビなどの情報を待つのではなく、進んで探せるということ
・インターネット=新しい だけではないということ
 ネット上には50年代・60年代・80年代・90年代・各年代の情報がある
・たくさんの情報があると言うことは、必然的にたくさんの仲間がいるってこと
 新しいコミュニケーションの道具だということ。
 オタクでもマニアでも、人数が多い・少ないでも、新しい・古いでもなく
 自分にあったものが探せるということ


みなさんは、インターネットの楽しみ方って、どう伝えていますか?

May the Force be with you





Category:インターネット | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

説明しづらい・・・ワープロとパソコン

2007.07.23 Mon
はてなブックマーク はてなブックマーク - 説明しづらい・・・ワープロとパソコン 
A long time ago in a galaxy far, far away...

ワープロ(ソフトじゃなくて機械の方)っていまだに、現役のようです。
「ワープロが壊れたから、直してほしい」
という質問がくる。
「まだ使ってるんだ」と思ってしまうが、
使用者からすると使い慣れた機械の方が良いに決まってる。

逆に自分も同じ立場だったら、使いつづけたい気持ちもわかる。
Windowsユーザーが、明日からMacintoshを使えといわれれば
大変なのは目に見えてるからね。


残念ながら、壊れてしまったものは、しょうがないが
お金をかけて直すより、中古パソコンでも買った方がまだ良い
メーカーが製造中止にしてから何年もたっているため修理も大変だ。

そこで、時代の流れってのもあるから、パソコンを進めるのだが、
ワープロを知っている人が、パソコンをさわると、ちょっと大変!

良くある質問は
(1)プリンターはついてないの?
(2)ワープロのデータは読めるの?
(3)キーボードで打てない字があるんだけど?
(4)線はどうやって引くの?
(5)線引くのめんどくさいね。パソコンのほうが性能がいいんじゃないの?
(6)データ保存はフロッピーで良いんだよね?

似てるようで似ていない、同じようで同じじゃない部分が多いんだよね。

答えは...
(1)ワープロ専用機じゃないから、使う人と使わない人がいるから標準でついてない
(2)フォーマットやデータ形式がに違い、統一されてないから、専用のソフトがないと読めない
(3)パソコンは古い仕様が残っていてキーボードに書いている字が使えない場合がある
  壊れているのではなく標準だ、仕様だと説明し納得してもらう。
  キーボードの「0・わ・を」キーの「~」が打てないとか・・・
(4)(5)ワープロってシンプルだから線を引くのは簡単
  パソコンは自由度が高い分、手間がかかる
(6)ハードディスク(マイドキュメント)にも保存できます
  ただし、ハードディスクの概念がわかりづらいようです。
  ある意味ではフロッピーのほうがわかりやすいですようです。
  フロッピーディスクは形になるが、ハードディスクは見た目ではわかりづかりから。


機械をある程度わかっている人に、説明するのって難しいですね。
考え方や概念をいったん無くして覚えてもらうか、
覚えたものを別のやり方に変換して覚えてもらうか、

どちらが良いんでしょうか???

May the Force be with you





Category:ハードウェア | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

デュアルブート・マルチブート

2007.07.20 Fri
はてなブックマーク はてなブックマーク - デュアルブート・マルチブート 
A long time ago in a galaxy far, far away...

ひとつのパソコンに、違うバージョンのWindowsOSを2つインストールすることを頼まれました。

いろいろ調べたら、ちょっと大変!
詳しくは、「 WinFAQ http://winfaq.jp/ 」がわかりやすかったです。
サイト検索で「デュアルブート」で検索して見てください。
各OSのパターンで解説しています。

大まかな、注意点は
(1)OSの組み合わせ
(2)OSをインストールする順番
(3)OSをインストールする場所
(4)ブートセクタやMBR の起動関係
(5)フォーマット NTFS・FAT32

細かいことはWinFAQにまかせて、
多少は苦労したけど、
どうにか、こうにか、インストールに成功!!


なんとか、希望どおりに設定して終了と思いきや、
  ・
  ・
  ・
  ・
とんでもない質問が...

「ソフトは、どちらかでインストールしたら、両方で使えるよね!(^o^)」
「OSの切り替えはどうするの?(^.^)」

言われてみれば、そう考えてもおかしくないですよね。
出来たら、便利だし、楽だし・・・・


結果としては・・・

●ソフトやプリンターなどは、両方に、その都度インストール設定が必要
 データの共存はできても、設定などは共存できない
 ひとつのパソコンだけど、すべて別物ってこと
●OSの切り替えは、再起動。
 片方を起動中に、もう片方を起動なんてのは無理のようです。
 再起動って事は、ファイルを保存し、ソフトも終了し、いったん終わらせてから、別のOSへってこと...


依頼者は 軽~く ショック を受けていました。

気持ちはわかるんだけど・・・

心の中で説明不足だったのかな~と反省してます。

デュアルブートを使用している人って、少ないはずです。


May the Force be with you




Category:Windows | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

MicrosoftOffice バージョン違いの共存

2007.07.19 Thu
はてなブックマーク はてなブックマーク - MicrosoftOffice バージョン違いの共存 
A long time ago in a galaxy far, far away...

またまた、質問がきました。

「MicrosoftOffice2000 の入っているパソコンに、
 Access2003をインストールがしたい」

と言うことでした。

正直、迷いました。
普通にインストールして良いのか
2000と2003は共存できるのか

どうしてもMicrosoftのソフトや製品は、Windowsと深く連携しているため
失敗すると、パソコン自体動かなくなるんじゃないかと怖くなります。

もちろんデメリットばかりではなく、
同じ会社が作ったのだから当たり前ですが、

連携することでスムーズにそして、操作の統一がはかられことにより
深く考えることなく簡単に扱えるようになる。




話を戻し、答えは
インストール可能のようです。
実験できる環境がないので実際にためすことはできませんでした。
ネットで調べたのですが具体的なことはわかりませんでした。すみません・・・



調べていてわかったことは
Officeのバージョン違いは共存できるようです。

基本は
(1)古いバージョンのOfficeをインストール
(2)新しいバージョンのOfficeをインストール
   インストール先に注意
(3)古いバージョンを削除する設定メニューがでてくるので削除しないように設定
  ※実際には「個別に削除する」を選び、個別に選択するメニューでチェックをすべてはずす
  ※削除するを選ぶが削除するものをすべてはずすので結果として削除しないようにする

ひとつだけバージョンアップという、考え方ではなく
まったく、別々にインストールする形になるようです。

さらに注意!!
※アイコン・メニューなどが重ならないよう
※ファイルの関連付けに注意

特に企業で、動作確認などに使っているようです。
どのバージョンでも使えるのか調べる。
企業が相手先にデータを渡すときバージョンの違いは重要。

それに、単純に新しければ良いと言うわけではないようで
古いバージョンは、使い込まれているので、良い・悪いがハッキリしている
新しいバージョンは、どこに落とし穴やバグがあるかわからない
だから、あえて古いバージョンを使う場合もあるようです。

またまた、勉強になりました。

May the Force be with you




Category:Office | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

今さらですが、iPod

2007.07.18 Wed
はてなブックマーク はてなブックマーク - 今さらですが、iPod 
A long time ago in a galaxy far, far away...

やはり、
わかりきったことですが流行っていますね。

少しずつですが、iPodの問い合わせが増えているようです。
説明するまでも無く、いいですね。
音楽や動画はもちろん
マニアックな雑誌を見るとLinuxまで動いているようですし

まだ、持っていませんが、自分も欲しいですよ。
ていうか、欲しい!欲しい!欲しい!って感じです。


優雅に遊びたいところですが、
またまた、ここでも勉強です。


iPodって、 「 USB2.0 」 接続なんです。


たいしたこと無いと思っていましたが、
中古パソコンをいじっている自分にしては、大問題です。
USB2.0 が標準でついているパソコンって、最近販売された商品だけです。(2007年現在)

まぁ、iPodの動作環境をみればすぐわかることですが、見落としがちです。
そもそも、USB1.1とUSB2.0の違いがわかっている人って、意外と少ないようです。

大きな違いは、USBの転送スピード
USB2.0 480Mbps
USB1.1 12Mbps
約40倍の違いです


そこで、USB1.1で接続すると どうなるか、ネットで調べてみました。

基本的には、接続は無理のようです。反応もしてくれないようです。
ただ、運がよければ、使えるようです。

しかし 

遅い、かなり遅い、
音楽データを数十曲から数百曲をコピーするのに一晩かかるようです。

1曲あたりで計算すると、
USB2.0=1秒 だとすると USB1.1=40秒 です。

10曲あたりで計算すると、
USB2.0=10秒 だとすると USB1.1=400秒=約6分半 です。

100曲あたりで計算すると、
USB2.0=100秒=1分40秒 だとすると USB1.1=4000秒=1時間6分 です。

iPodに入る曲数は100曲どころではありません。


気が遠くなってきました。

May the Force be with you




Category:ハードウェア | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |