RSS|archives|admin

--.--.-- --
はてなブックマーク はてなブックマーク -  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

Excel表 点数からランクを決める。

2008.01.30 Wed
はてなブックマーク はてなブックマーク - Excel表 点数からランクを決める。 
A long time ago in a galaxy far, far away...

下記の表を基準として、点数によってランクを決める場合
Excelではどんな関数が必要なのか作ってみました。

点数ランク
~10点未満
10点以上~20点未満
20点以上~30点未満
30点以上~40点未満
40点以上~50点未満
50点


早速ですが、自分が考えた答えはこれです!

=IF(C1<10,"一",IF(C1<20,"ニ",IF(C1<30,"三",IF(C1<40,"四",IF(C1<50,"五","六")))))

※C1は点数が入っているセルです。

解説
どうしても頭の中では表のように、
ここからここまではこのランク、次にここからここまではこのランク と考えがちです。

ここでは発想を変えます。
イメージでいうと点数を見ながら少しずつ「ふるい」にかける感じです。

まず始めに
C1が「10点未満」かどうか確認し、10点未満だったら「一」ランク付け
違っていたら
C1が「20点未満」かどうか確認し、20点未満だったら「二」ランク付け
違っていたら
C1が「30点未満」かどうか確認し、30点未満だったら「三」ランク付け
違っていたら
C1が「40点未満」かどうか確認し、40点未満だったら「四」ランク付け
違っていたら
C1が「50点未満」かどうか確認し、50点未満だったら「五」ランク付け
違っていたら
C1を「六」ランク付け

関数の計算式を文章に起こすとこんな感じになります。

計算式のうえでは「○○点以上」という数式はまったくありません、
「○○点未満」しか確認していません。
「○○点以上」が無いじゃないかと思いがちですが、

「○○点未満」かどうか確認する時
「○○点未満」だったら「○○点未満」 そのままです。
もし「○○点未満」でなかったら、必然的に「○○点以上」になる

これを繰り返し「ふるい」にかけていき答えを出します。

別な例えをしてみます。

二手に分かれる道があったとします。
右に行くか左に行くか
「右に行く」と決めたら「右に行く」
「右に行かない」と決めたら「左に行く」
「左に行く」と宣言しなくても「右に行かない」と宣言するば
必然的に「左に行く」ことになるのです。

こんな感じです。
わかってもらいましたか?

わからなかったら、とりあえず計算式をコピペして、表と見比べて
数字や文字を入れ換えてみて
使ってみてください

May the Force be with you




Theme:パソコン豆知識 | Genre:コンピュータ |
Category:Office | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

バーコード EPISODE2

2008.01.24 Thu
はてなブックマーク はてなブックマーク - バーコード EPISODE2 
A long time ago in a galaxy far, far away...

以前にバーコードについて書きましたが、その続き

バーコードは基本的には数字の羅列をバーに変更したものですが
意味を持たせたバーも入っているようです。

最初に「スタートキャラクタ」と最後に「ストップキャラクタ」
そして
「チェックデジット」、これは誤りが無いかチェックするもの

詳しくは、バーコードの基礎知識を見るとわかりやすいと思います。



単純に数字をバーコードフォントで変換しただけではダメでした。
結局フリーソフトに頼ることになりました。

そして、もうひとつ問題点がでてきました。
大きさと印刷です。

12桁の数字を 30mmx5mm で作ったのですが。

一般的に市販されているプリンターで印刷する場合
印刷レベルを最高にしないと認識しにくいようです。
プリンターの設定にもよりますが、とにかくキレイに印刷されるようにすること
線をきれいに印刷されるようにすることが大事になってきました。


あとはソフト、だけどココが一番大きい!


May the Force be with you




Theme:パソコン豆知識 | Genre:コンピュータ |
Category:ハードウェア | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

PowerPointにページ数を・・・

2008.01.17 Thu
はてなブックマーク はてなブックマーク - PowerPointにページ数を・・・ 
A long time ago in a galaxy far, far away...

PowerPointにページ数を表示させるには
メニューの [表示] → [ヘッダーとフッター] → [スライド] → 「スライド番号」 にチェック
そして、[すべてに適用] をクリック

※とりあえず、以上ですべてのページの右下に表示されます。

WordやExcelでは比較的わかりやすいけど、
PowerPointだと、ちょっとわかりづらいかもしれません。

ついでにページ数の表示位置の変更方法は

メニューの [表示] → [マスタ] → [スライドマスタ] をクリック

イメージ画像が表示され、
右下の「数字領域<#>」があるので、それを移動する。
そこで文字の大きさやフォントなどを変更できるので
調整してみると良いと思います。


PowerPointはプレゼンテーションのためのソフトなので
一般的な、ページを表示するということには、優先順位が低いようにも感じがします。
ただ、
WordやExcelより、応用できたり、細かい部分に気を使っている機能があります。
●2ページ目からページ数がカウントしてくれたり、(1ページがタイトルでページ数がいらない)
●ページを表示する・表示しないを、個々のページでできる

May the Force be with you





Theme:パソコン豆知識 | Genre:コンピュータ |
Category:Office | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

バーコード

2008.01.15 Tue
はてなブックマーク はてなブックマーク - バーコード 
A long time ago in a galaxy far, far away...

なぜか? 急に?
バーコードを作ることになった。

でも、バーコードってどうやって作るの?

って、調べてみました。

フリーソフトが思っている以上にたくさんあるんですね。
http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/writing/label/barcode/
色々あるので、好みによって使い分けると良いと思います。
自分はまだどれが良いのか選びきれていません。



そして・・・

調べていて、驚いたことが、ビックリしたことがありました。

それは、

「バーコードフォント」

バーコードをフォントとして取り扱うことで、
WordやExcelなどで、比較的自由に作ることができるようです。

バーコードの概念って意外とシンプルだったんですね。
知りませんでした。
数字の羅列を、画像(縦線)に変更するのですが、
数字に決まった画像(縦線)が割り当てれており、
それに当てはめて変換するだけだったようです。
「1には、Aの画像」「2には、Bの画像」「3には、Cの画像」という感じ
見たいです。


ただ注意が必要で、バーコードにも種類があるらしく、
NW7,CODE39,CODE128,JAN標準 など数種類あるので
状況に応じて選択が必要です。
その他にも条件や決まりごとあるようなので、
もうちょっとわかったら、書き込みしたいと思います。

May the Force be with you




Theme:PC周辺機器 | Genre:コンピュータ |
Category:ハードウェア | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。