RSS|archives|admin

--.--.-- --
はてなブックマーク はてなブックマーク -  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

Microsoft Excel 重複データの入力を防ぐ

2008.10.31 Fri
はてなブックマーク はてなブックマーク - Microsoft Excel 重複データの入力を防ぐ 
A long time ago in a galaxy far, far away...

いろいろとExcelでデータを管理していると、
同じデータが2つ以上あってはいけない場合が出てきます。

管理番号や社員メールアドレスなどなど、数多くあります。


  そこで


○重複データを防ぐ、列を選択する。

○メニューの「データ」→「入力規則」を選択

○データの入力規則メニューが表示されたら、「設定」タブの
 入力値の種類を「ユーザー設定」を選択

○数式に「=COUNTIF($A$3:$A$10000,A2)<=1」を入力
 「A」は列番号
 「$A$3:$A$10000」は行の範囲
 「$」絶対参照(範囲を固定するため)
 「A2」はアクティブセル
Excel重複データを防ぐ-001

○データの入力規則メニューの
 「エラーメッセージ」タブをクリックし対処方法を選択する。
 スタイルは「停止」を勧めます。これは絶対的に重複させないためです。
 他のスタイルでは注意はされるが入力できてしまうためです。
 あとは「タイトル」と「エラーメッセージ」は自由に入力できます。
Excel重複データを防ぐ-002

Excel重複データを防ぐ-003


May the Force be with you






Theme:Excel | Genre:コンピュータ |
Category:Office | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

MicrosoftExcel 複数のシートから検索

2008.10.28 Tue
はてなブックマーク はてなブックマーク - MicrosoftExcel 複数のシートから検索 
A long time ago in a galaxy far, far away...

Excelは、ひとつのファイルに、複数のシートを持つことが可能で
必然的にそれぞれのシートにデータを入れることが可能です。
EXCEL複数シート検索01

たくさんのデータを整理しながら管理が可能になるので
すごく便利な機能です。

しかし、シートが増えるということは
データや各種情報が増えるということになり
何がどこにあるのかわからなくなったりすることもあります。


そこで、「検索」という機能を使うことになります。
検索はWordやインターネットブラウザ上なのでよく使う機能なので
わかっている人は多いと思います。

文字列を入力し検索すると、その場所に移動してくれたり強調してくれる
便利な機能です。


Excelの場合、シート内の検索であれば、いつもどおりで問題はありません。
複数のシートを横断して検索するにはどうしたらよいのか?

------------------------------------------------------------------
  ○Excel2003の場合

  メニューの「編集」から「検索」を選びます。
  (ショートカットの「Ctrl+F」でも可)

  検索メニューが表示されたら右下のオプションをクリック

  検索場所を「シート」から「ブック」に変更

EXCEL複数シート検索02

  あとは、文字列を入力し検索

------------------------------------------------------------------

これで、複数シートの中から検索が可能となります。

検索オプションは、まだまだいろいろな機能があるので
試してみるの価値はありそうです。

May the Force be with you






Theme:Excel | Genre:コンピュータ |
Category:Office | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ホームページでGoogleMapsを使う。

2008.10.17 Fri
はてなブックマーク はてなブックマーク - ホームページでGoogleMapsを使う。 
A long time ago in a galaxy far, far away...

ホームページに地図を載せるとき、
作成するのって思っている以上に大変です。

PhotoshopやIllustratorなどを覚えるのも大変ですし、
使えたとしても、それなりのものしか作れず
センスが無い子供じみたものが出来上がったりしてしまいます。
逆に、地図の必要な部分、不必要な部分がわからなくなって、
ものすごくうるさいデザインになってしまったりもします。

そういうこともあってか、Googleマップを使っている所が多いです。
Googleマップの場合、みんなが使っていて、慣れているのも要因かもしれません。


ただし、Googleマップを使いこなすには「GoogleMapsAPI」を覚える必要があります。
またまた、厄介な問題が出てきました。

地図って、特別なことがない限り一回作ったらそれっきりって事が多いので
いちいち覚えるのは・・・とどうしても考えがちです。

そこで、お役立ちホームページです。
嬉しいことに、比較的簡単に作成を補助してくれるホームページがありました。
GoogleMapsを簡単にホームページで利用する方法」です。

Google Maps APIのKey取得サイトで、サイト専用Keyを取得する必要がありますが、
あとは、上記ページの右側の地図で場所を特定し、
[Google Maps用HTMLコード生成]をクリックすると
HTMLを作成してくれます。

3点ほど注意事項があり、GoogleMapsの利用条件を同意したうえですが、
あとはコピーアンドペーストでOKです。

さらに親切なのは、HTMLコードがある程度わかる人であれば、
地図の縦横のサイズ、地図の拡大縮小サイズ、
さらに所在地アイコンも変更が可能です。
HTMLコードはわかりやすく、見やすくなっているので、
丁寧に見ると比較的簡単に変えることができます。

さらに使いこなしたい場合は、
Google Maps活用講座」のようなページもあるので
参考すると面白くなりそうです。


ストリートビューなどでは賛否両論ありますが
Googleには、今までにありそうでなかった機能があり
それでいて、わかりやすく使いやすいものが多いですね。

May the Force be with you




Theme:HP作成 | Genre:コンピュータ |
Category:ホームページ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

USBメモリが認識しない

2008.10.16 Thu
はてなブックマーク はてなブックマーク - USBメモリが認識しない 
A long time ago in a galaxy far, far away...

依頼者のパソコンでUSBメモリがまったく反応しなくなった。
とうとうUSBメモリが壊れちゃったかも・・・
大事なデータが取り出せない・・・
・・・テンションが下がっている・・・


念のため自分のパソコンで確認すると
あっさりドライバーをインストールして認識して
フォルダ・ファイルを見ることができた。
これで、USBメモリが壊れていないことは確認できた。
その他のUSB機器(プリンターなど)は正しく動いていたので
パソコン側のUSBポートでも無いようだ。


ここで対策のひとつとして確認すべき所がひとつ!

デバイスマネージャを開く

[コントロールパネル]
 →[システム]
  →[ハードウェア]タブ
   →[デバイスマネージャ]

デバイスマネージャが開いたら、
「USB(Universal Serial Bus)コントローラ」を開き
「USB 大容量記憶装置デバイス」を探します。

その「USB 大容量記憶装置デバイス」を右クリックして削除してください。

自分の場合「ディスクドライブ内のUSBDevice」や
「記憶域ボリューム内の汎用ボリューム」も消します。
(自己責任でお願いします!!)

もしくは、エクスクラメーションマーク(びっくりマーク!)か
クエスチョンマーク(はてなマーク?)を表示している場合もあるので
ドライブ関係であれば、確認したうえで削除してください。
(こちらも、自己責任でお願いします!!!)

あとはUSBメモリを指したまま、再起動します。
再起動中にWindowsがUSBメモリをハードウェアと再認識し
ドライバーを再インストールしてくれます。

そして、問題なくUSBメモリは認識され通常どおり使えるようになります。

USBメモリは、どうしても抜き差しするものなので、
こういったことは良くあるので覚えておいたほうが良いかもしれません。

USBメモリが壊れたかなと思って捨てるまえに、
確認してとりあえずやってみては良いかと思います。



-------------------------------------------------
※余談(自己責任でお願いします。)
パソコンのハードウェア構成によっては、
「USB 大容量記憶装置デバイス」「USBDevice」「汎用ボリューム」が
複数ある場合があります。これだどどれを消してよいのかわかりません。
自分の場合、検討がつかなかったら、すべて消します。
それだとパソコンが壊れる可能性が高いのでは?と
不安になると思いますが、気にせずに削除です。

この場合消したハードウェアはドライブ関係のみなので、ほとんどのドライブは
再起動時にハードウェアを再認識しドライバーをインストールしてくれます。
私の場合問題が起きたことはありません。
多少危険な部分はありますが、調べる時間が削られるので素早い対応が可能です。
-------------------------------------------------


May the Force be with you






Theme:トラブル | Genre:コンピュータ |
Category:ハードウェア | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。