RSS|archives|admin

--.--.-- --
はてなブックマーク はてなブックマーク -  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ITと震災とのつながり

2012.02.02 Thu
はてなブックマーク はてなブックマーク - ITと震災とのつながり 
A long time ago in a galaxy far,far away...

一応、ITに関するブログを書いているので
震災でITは、どのように活用されたのかなと
すごく気になって少しずつ調べています。

とは言っても、岩手県全域で停電。
被害の少ない盛岡市でも3月11日から3日間、停電だった。

電気と電波が使えない状態では、ITをフル活用すること自体難しいことでした。
私自身、バッテリーの持つ限りで連絡を取ったり、Twitterで情報収集するのが手一杯。
津波の情報を知ったのは、映像を見たのは3月13日に停電が復旧してからだった。

内陸部の盛岡市でこの状態なので、岩手沿岸部では更にひどい状態だったはずです。


しかし、こんな過酷な状況の中でも、ITを活用した動きがいろいろとあった。

特にすごく感動したのは、「Googleパーソンファインダー」でした。
被災地の家族・親戚・知人・友人がどうなっているのか、安否確認したいのは当然のことですから
ぜひとも欲しいシステムでした。

この「Googleパーソンファインダー」で素晴らしいと思ったのは
関わった人達が多いということです。
更に言うとGoogle以外の人たちも多く頑張っていたこと。

まずは、Googleがわずか2時間ほどで立ち上げる。
この時点でGoogleの方々はスピード・判断力ともに素晴らしい活躍をした。

さらに電源・電波のない被災地では、現地ボランティアが被災者名簿を写真に取りアップロード
アップロードされた写真データを、ネット上のボランティアがテキスト化。

さらに行政機関・新聞社・テレビ局・携帯電話事業者が個々で頑張っていたが、
Googleパーソンファインダーを軸に安否情報がつながったこと。


関わった人達が多いということ = 人と人がつながったということ
ここに大きな感動がありました。

ITというと、技術的な話が先行しがちですが
結局は、ITの「I」のインフォメーション=情報
情報=人と人とのつながりということでしかない

「Googleパーソンファインダー」は
人と人がデジタルでつながり
人と人がアナログでつながり
出来上がったシステムであったということ。

この震災では人と人の間に、
アナログ的なものであっても、デジタル的なものであっても
つながることで人を助けられることを知った。



ITと震災がどう関わったのか下記の本で学びました。

「IT時代の震災と核被害」(インプレスジャパン)
実にシンプルにIT企業やITを利用する人達が、どう震災に関わったのかわかる本です。


「NHK ITホワイトボックス 世界一やさしいネット力養成講座 パソコンとケータイ 頭のいい人たちが考えたすごい!「仕組み」 (講談社)
震災に関する部分は少ないですが、震災時 岩手県庁HPにアクセスが集中しミラーサーバーを立ち上げるまでを知ることができます。


何かITと震災が関連した本やホームページって、他にありませんかね?


May the Force be with you





Theme:東北地方太平洋沖地震 | Genre:ニュース |
Category:東日本大震災 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。