FC2ブログ

RSS|archives|admin

--.--.-- --
はてなブックマーク はてなブックマーク -  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ひとつのメールアドレスを複数のパソコンで受信する(Gmail編)

2009.09.03 Thu
はてなブックマーク はてなブックマーク - ひとつのメールアドレスを複数のパソコンで受信する(Gmail編) 
A long time ago in a galaxy far,far away...

今回も、ひとつのメールアドレスを複数のパソコンで確認する方法です。

メールソフトを使わずに、Gmailを使います。

Gmailは、他社のメールアドレスを追加設定できるので、
会社のメールアドレスやプロバイダーのメールも受け取れます。

(1)アカウントの設定を開く
Gmailを開いたら、画面右上の[設定]をクリック
複数のパソコンでメールGmail-001


(2)アカウントの追加
[アカウントとインポート]タブをクリックし、[POP3を使用したメッセージの確認]の
[POP3のメールアカウントを追加]をクリック
複数のパソコンでメールGmail-002


●メールアドレスを入力
複数のパソコンでメールGmail-003
[次のステップ]をクリック

●ユーザー名・パスワード・POPサーバーを入力
複数のパソコンでメールGmail-004
[アカウントを追加]をクリック

●アカウントの確認
設定したメールアドレスで送信するかどうかの選択
通常は「はい」で良いです。
複数のパソコンでメールGmail-005
[次のステップ]をクリック

●名前を入力
自由に入力できますが、送信先に表示されるものなので気をつけてください。
複数のパソコンでメールGmail-006

●確認コードの入力
追加設定したメールアドレスに確認コードが記載されたメールがGoogleから届きます。
そこに記載されている確認コードを下記画面に入力し、確認をクリック
複数のパソコンでメールGmail-007

以上で、終了です。

これで、インターネットにつながったパソコン・Gmailメールアドレス・パスワードがあれば
どこでも、メールが確認できるようになります。
社内・自宅内の どのパソコンでも、
外出先・出張先・インターネットカフェでも確認できます。
最近では、ホテルにパソコンがあったり、部屋に有線LANポートがあったりします。
さらに、携帯電話のホームページ閲覧機能で確認することも可能になります。



と、散々説明しましたが・・・
外出先で利用する場合は、リスク・デメリットもあります。

※※注意事項※※
  • 特に外出先での、Gmailアドレス・パスワードの管理に気をつける
    万が一 流出した場合、会社の重要な情報が漏れることになる。

  • 使用後のログアウトは必須

  • ネットカフェやホテルのパソコンなど、不特定多数が使うパソコンで確認した場合、
    そのパソコンにキャッシュや履歴が残らないようにする。


  • 以上のように、
    メールをいつでもどこでも確認できるメリットがありますが、
    裏を返せば、情報流出の入口を作っていることにもなります。
    このことを良く理解し間違いの無い運用が必要です。
    会社によっては禁止する場合もあると思います。
    不安な場合はこの運用方法は、はっきり言って薦めません。

    良く理解したうえで使用してください。

    ●ひとつのメールアドレスを複数のパソコンで受信する(Gmail編)
    ●ひとつのメールアドレスを複数のパソコンで受信する(OutlookExpress編)

    May the Force be with you


    関連記事





    Theme:インターネット関連 | Genre:コンピュータ |
    Category:インターネット | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
    <<Gmailの送信メール管理 | HOME | ひとつのメールアドレスを複数のパソコンで受信する(OutlookExpress編)>>
    name
    title
    mail
    url

    [     ]
    Trackback URL
    http://redfive1992.blog113.fc2.com/tb.php/143-c390c652

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。