RSS|archives|admin

--.--.-- --
はてなブックマーク はてなブックマーク -  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ハードディスク「容量の壁」

2007.08.29 Wed
はてなブックマーク はてなブックマーク - ハードディスク「容量の壁」 
A long time ago in a galaxy far, far away...

Windowsパソコンにハードディスクを接続する際、
容量に限界があることを知っていますか?

これってパソコンに詳しい人しか知らないのではないでしょうか!

BIOS・マザーボード・WindowsOS・ファイル管理システム(FAT32・NTFSなど)に
よって接続できるハードディスクの容量が決まっています。

BIOS・マザーボード・WindowsOS・ファイル管理システム
それぞれが、それぞれの理由で、場合によってはいくつかの要因が関係して
容量の壁がありますので注意が必要です。

例えば120GBまでしか認識できないパソコンに
160GBのハードディスクをつなげると、
120GBとしか認識せず残りの40GBは使えない。

でも、単純に考えると、容量なんて関係ないじゃん、
入れ物の大きさが違うだけでなぜ正しく動作しないの?
って考えがちです。

簡単に説明すると
(1)古い技術は新しい技術を想定していない、想定できない
(2)古い技術は大きすぎるものを管理しきれない、処理できない
ということのようです。

冷静に考えてみると、これはどんな機械でも同じようなことが言えます。

くわしくは「動けWindows」で解説しています。
わかりやすくまとまっていますので十分に参考になると思います。

もうひとつ、厄介な問題があり、誤解を招きやすい事例が
「USB接続外付ハードディスク」の容量の壁が関係ない場合があるようです。
使えるから全然問題はなのですが、誤解しやすいので注意が必要です。

May the Force be with you
関連記事





Category:ハードウェア | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<CPUとメモリーとハードディスクの関係 | HOME | デスクトップにマイコンピュータやインターネットエクスプローラのアイコンを表示させる>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://redfive1992.blog113.fc2.com/tb.php/32-bf7ee8e6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。